ミノキシジルとは

日本国内でも多くの方が服用しているプロペシアと同じくAGAの治療薬として利用されているのがミノキシジルです。このミノキシジルは、髪を作る上で最も重要な毛母細胞に直接働きかける効果のある薬です。ミノキシジルによって動きの鈍っていた細胞の働きが活発になる事によって発毛を促す効果があります。

こちらのミノキシジルもプロペシアと同様に最初からAGAの治療薬として開発されていたわけではありません。元々は高血圧の経口薬として開発され服用されていました。高血圧の症状を抑える血管拡張薬としての役割の過程の中で、血管を拡張する作用が健康な毛髪を増やす効果をもたらしたため、正式に薄毛治療薬として認可を受けたという経緯があります。

ミノキシジルは、毛髪の生え変わりに重要な役割を持っている毛母細胞の働きをサポートしています。毛母細胞では、毛髪の量であったり、バランスなどを確認しながら調整しているのですが、満足に血液が配給されないと動きが鈍ってしまい正常に動く事ができません。しかし、血管を拡張して血行を良くするミノキシジルを服用する事で、毛母細胞の中にある毛乳頭細胞の動きが活発になりますので、より健康的でハリのある髪の毛を生やす事ができるのです。

治療薬プロペシア

AGAに効果的な治療薬として多くの方に利用されているのがプロペシアという飲み薬です。このプロペシアという薬は、即効性こそありませんが、服用し続ける事によって、徐々に効果がでる薬になります。国内の臨床試験では、3年の服用でおよそ70パーセント以上の方の薄毛に改善傾向があった凄いAGA治療薬です。

日本でのAGA治療の中でも最も有名な薬として知られているプロペシアは、錠剤タイプの飲む育毛剤です。プロペシアの主な成分であるフィナステリドですが、実はフィナステリド自体は、AGA治療のために開発されたわけではありません。同じ男性の悩みの前立腺肥大症を治療するための薬として製作されました。前立腺肥大症を治療するための薬として発売された後に、抜け毛抑制作用があることが分かったので、1997年にFDAに認可されたという異色の治療薬です。

プロペシアは、男性ホルモンの一種で、脱毛の発生を引き起こすとされているジヒドロテストステロンの発生を抑える効果があります。プロペシアを服用することによって、ジヒドロテストステロンによる毛周期の乱れを抑える効果がありますので、徐々に髪の成長バランスが整って行き、薄毛が解消されます。この薬は医薬品ですので医師の診断書が必要になります。副作用については精子減少、勃起機能の不全という事が上げられますが、発症率はわずか1.8%程度になっておりますのでそこまで深刻な問題ではないと言えます。

AGAの原因と特長

AGAの原因が最近の研究で徐々に明らかになってきています。AGAを研究している機関によると、AGAの症状が出ている方の脱毛部している部分にはジヒドロテストステロン(DHT)という物質が高濃度になっている事が見られていて、このDHTがAGAの原因だと考えられているとの事です。

DHTは正常なヘアサイクルの周期を壊してしまう物質です。DHTによってヘアサイクルの成長期を短くされてしまうと、健康な髪の毛が長く太く成長するのに対して、DHTの影響でヘアサイクルが乱れた髪の毛は、太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。髪の毛の本数は十分にあるのに、健康に長く育たない産毛のような状態で抜け落ちてしまうので、AGAの部分は、遠目からみると髪の毛が生えていないようにみえてしまうのです。

このDHTという原因物質は5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られている事がわかっています。DHTによって毛包が十分に成長しなので、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。しかし、一般的な薄毛とは違い、AGAの場合には、毛包の数は十分に足りていますので、治療次第では、これから十分に太く長く育つ可能性があります。AGAは早目にケアする事ができれば、薄毛で無くなる可能性は十二分にあるのです。

AGAとは

最近テレビでも良く耳にするようになってきたAGAという物をご存知でしょうか。このAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、日本語に訳すと男性型脱毛症という意味になります。最近では薄毛にも様々な症状や原因がある事がわかってきました。AGAは、男性ホルモンであったり遺伝などが原因と言われている薄毛の症状で、頭頂部や生え際、時には頭頂部と生え際の両方から髪の毛が薄くなっていく症状です。

AGAは日本全国で1260万人に発生している症状です。全員がAGAである事を自覚しているのではなく、1260万人の三分の二程度の方が薄毛に気付いている状態ですので、知らずにAGAになっている方は多くなっています。AGAの恐ろしい点として挙げられるのが、AGAは進行性の病気ですので、なんらかのケアを行わない限りは、どんどん薄毛の部分が増えて行ってしまい、髪の毛の数が減り続けていくという事です。

AGAは進行性の病気ですので、先ずは進行を抑える事が重要になってきます。そこでこちらのページでは、AGAの基本的な情報を紹介しながら、合わせてAGAの治療に最も効果があると言われているAGA治療薬についての情報を紹介します。20歳から69歳の成人男性4200万人の約3人に1人がAGAになっている状況ですので油断はできません。現在髪の毛が薄くなってきて悩んでいる方だけでなく、この先、誰もが薄毛に悩む可能性がありますので、男性の方はこちらのページに書かれている内容を確認して、AGAに対抗する知識を付けるようにしてください。