AGAとは

最近テレビでも良く耳にするようになってきたAGAという物をご存知でしょうか。このAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、日本語に訳すと男性型脱毛症という意味になります。最近では薄毛にも様々な症状や原因がある事がわかってきました。AGAは、男性ホルモンであったり遺伝などが原因と言われている薄毛の症状で、頭頂部や生え際、時には頭頂部と生え際の両方から髪の毛が薄くなっていく症状です。

AGAは日本全国で1260万人に発生している症状です。全員がAGAである事を自覚しているのではなく、1260万人の三分の二程度の方が薄毛に気付いている状態ですので、知らずにAGAになっている方は多くなっています。AGAの恐ろしい点として挙げられるのが、AGAは進行性の病気ですので、なんらかのケアを行わない限りは、どんどん薄毛の部分が増えて行ってしまい、髪の毛の数が減り続けていくという事です。

AGAは進行性の病気ですので、先ずは進行を抑える事が重要になってきます。そこでこちらのページでは、AGAの基本的な情報を紹介しながら、合わせてAGAの治療に最も効果があると言われているAGA治療薬についての情報を紹介します。20歳から69歳の成人男性4200万人の約3人に1人がAGAになっている状況ですので油断はできません。現在髪の毛が薄くなってきて悩んでいる方だけでなく、この先、誰もが薄毛に悩む可能性がありますので、男性の方はこちらのページに書かれている内容を確認して、AGAに対抗する知識を付けるようにしてください。