AGAの原因と特長

AGAの原因が最近の研究で徐々に明らかになってきています。AGAを研究している機関によると、AGAの症状が出ている方の脱毛部している部分にはジヒドロテストステロン(DHT)という物質が高濃度になっている事が見られていて、このDHTがAGAの原因だと考えられているとの事です。

DHTは正常なヘアサイクルの周期を壊してしまう物質です。DHTによってヘアサイクルの成長期を短くされてしまうと、健康な髪の毛が長く太く成長するのに対して、DHTの影響でヘアサイクルが乱れた髪の毛は、太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。髪の毛の本数は十分にあるのに、健康に長く育たない産毛のような状態で抜け落ちてしまうので、AGAの部分は、遠目からみると髪の毛が生えていないようにみえてしまうのです。

このDHTという原因物質は5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られている事がわかっています。DHTによって毛包が十分に成長しなので、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。しかし、一般的な薄毛とは違い、AGAの場合には、毛包の数は十分に足りていますので、治療次第では、これから十分に太く長く育つ可能性があります。AGAは早目にケアする事ができれば、薄毛で無くなる可能性は十二分にあるのです。