ミノキシジルとは

日本国内でも多くの方が服用しているプロペシアと同じくAGAの治療薬として利用されているのがミノキシジルです。このミノキシジルは、髪を作る上で最も重要な毛母細胞に直接働きかける効果のある薬です。ミノキシジルによって動きの鈍っていた細胞の働きが活発になる事によって発毛を促す効果があります。

こちらのミノキシジルもプロペシアと同様に最初からAGAの治療薬として開発されていたわけではありません。元々は高血圧の経口薬として開発され服用されていました。高血圧の症状を抑える血管拡張薬としての役割の過程の中で、血管を拡張する作用が健康な毛髪を増やす効果をもたらしたため、正式に薄毛治療薬として認可を受けたという経緯があります。

ミノキシジルは、毛髪の生え変わりに重要な役割を持っている毛母細胞の働きをサポートしています。毛母細胞では、毛髪の量であったり、バランスなどを確認しながら調整しているのですが、満足に血液が配給されないと動きが鈍ってしまい正常に動く事ができません。しかし、血管を拡張して血行を良くするミノキシジルを服用する事で、毛母細胞の中にある毛乳頭細胞の動きが活発になりますので、より健康的でハリのある髪の毛を生やす事ができるのです。